>

すぐに履き替えられるように

濡れた靴下をそのままにしていると、次第に足が冷えてしまいます。
雨や汗など様々なことが原因で靴下が濡れるので、その時のために予備の靴下を持ち歩いてください。
靴下が濡れたと感じたら、すぐ履き替えることで身体を冷やす心配はありません。
夏でも、冷え性に悩んでいる人は多いです。
特に夏になると冷房を使うので、身体が冷えてしまう機会が増えます。

その時に濡れている靴下を履いていると、すぐ足先から身体全体が冷えてしまうので、靴下を履き換えられるように準備しましょう。
カバンの中に、2足から3足ぐらい靴下を入れておけば1日に数回履き換えられるので安心ですね。
コンパクトなので、靴下をたくさん持っていても邪魔になりません。

特殊な靴下を履こう

普通の形の靴下よりも、5本指ソックスの方が身体を温められます。
冷え性がなかなか改善されない時は、5本指ソックスを使っても良いでしょう。
今は様々なデザインの5本指ソックスが販売されているので、気に入るものが見つかると思います。
最初は慣れないので、違和感を抱くかもしれませんがすぐ慣れます。

冷え性を放っておくと、身体が痛くなったり仕事に集中できなくなったりするなどのトラブルが起こります。
日常生活にも悪影響を及ぼすので、きちんと冷え性を改善してください。
そのためには自分の生活や、靴下の履き方を見直しましょう。
すると、問題点が見つかると思います。
問題点を修正して、足を常に温められるよう生活を送ってください。


こまめに掃き換えよう

この記事をシェアする